4月19日

 19時ちょうどにAC0004便にて成田出発。一路バンクーバーへ。
 エア・カナダはシートがとても広くて良かった。座席も入り口のすぐ手前だったので、後の人を気にせずシートが倒せてとてもゆったり。サービスも大事かもしれないが、8時間も乗ることを考えれば座席の快適さが第一のような気がする。日系の飛行機では外国人をあまり見かけないのもこの辺が原因なのだろうか?食事の方は量は少ないものの、味の方はまぁまぁ。とにかくあまり退屈せず、窮屈な思いもせず、旅の出だしは上々♪

 約8時間半でバンクーバーへ到着。
 初めて税関で色々聞かれた。自分の英語力の無さにちょっとヘコむ。勉強せねば。

 13時、今日泊まるホテル、「ホテルバンクーバー」に到着。
 結構寒い…。ラウンジでいろいろな説明を受ける。日本出発直前にバンクーバーからシアトルに野球を見に行くオプショナルツアーがある事を知り、もしかして現地に行ったらチケットが余っているかも!と、期待していたら運良く4枚残っているとの事。早速申し込む。明日が楽しみ。天気が良いといいのだが。チェックインが16時なので、すぐ近くの免税店で時間をつぶし、15時から市内観光へ。トーテムポールや、樹齢千年といわれる大木を見た後ライオンズゲートで写真を撮り、クイーンエリザベス公園へ。車窓からチャイナタウン、ギャスタウンを見て、約2時間の観光終了。なんだかちょっとシンガポールに似てる感じがする。
17時半、やっとチェックイン。思ったより部屋が広くてびっくり。このホテル、格式はあってもは狭めだと聞いていたので、嬉しい誤算だった。
 シャワーを浴びてからまたホテルを飛び出し、近くを散策。ヴァージンメガストアで70年代、80年代のオムニバスCDがたくさんあることに驚く。屋台のホットドッグを買ってぶらぶら食べ歩き。車から奇声をを発してる連中がいる。警官の姿が目立つ。何かあるのかな?東洋人(きっと中国系)が多く、みんな英語をぺらぺら話している。いいな。頑張れ日本人、頑張れ俺。
 部屋に戻ってTVをつけると「インタビューウィズバンパイア」をやっている。映画は字幕がなくてもなんとなく意味がわかるもんだ。
 寝不足のせいもあり、風呂に入った後、すぐ就寝。おやすみなさい。

<<back next>>