4月21日

 6時半起床。午前2時頃まで起きていたので眠い…。
 8時半にロビーに集合してバンクーバー空港へ。迎えに来てくれた現地係員の人が荷物の持ち運び、チェックインなどの色々な手配を全部やってくれた。JTBいいよ!
 搭乗まで1時間ほど時間があったので、朝食を取り、ショップをぶらぶら。待合室で座っている間に眠気が襲ってきて、座席に座った後すぐにうとうとしてしまった。離陸後、機内サービスの気配で目が覚める。隣の外人さんに話しかけられ、つたない英語で意志の疎通をはかる。(といっても質問に二者択一で答えただけだが…)これから家族でドイツに帰るとの事。大変だ。そんな感じで1時間半はあっという間に過ぎ、カルガリーに到着。カルガリー空港で待っていてくれたガイドさんもとても良さ気な感じの人。バンフまでの移動時間、いろいろな話をしてくれて面白かった。車内からカルガリーオリンピックの時に使ったジャンプ台を見る。エレベーターがついており、上がるのには楽だが選手には不評だったらしい。選手は階段を上がるときに集中力を高め、風向きを読むそうだ。ここは標高が高いせいか、紫外線も強く凄く眩しい。運転をするにはサングラスが必要不可欠とのこと。空気も澄んでいるらしく遙か彼方の山々が見渡せる。道路は延々と続く直線。北海道の道の真っ直ぐなことにも驚いたが、さすがはカナダ、レベルが違うね。道を挟んで両サイドに見える山々の景色の素晴らしいことと言ったらもう…!途中大陸横断鉄道の貨物にも遭遇、長い時には100両以上繋がっているそうだ。
 今日は観光もなく、そのままホテルへ直行。今日泊まるところは「ホテルレイクルイーズ」。湖が見える部屋という事だったのだが、あいにくまだ雪がたくさん積もっていて、どこが湖だかよくわからない…。部屋は古いホテルらしくとても手狭。スーツケースを広げる場所さえない! まー、わびさびって感じ。
 昨日の疲れも残っていてか、すぐ寝てしまい、せっかくのシャトーホテルなのに結局何処も見なかった。ちょっともったいなかった。

<<back next>>