4月22日

 6時半起床。今日はバンフのホテルに移るのでまた荷造り。だんだんスーツケースが膨れてきた…。
 チェックアウトを済ませ、カナダ旅行のメインイベント、カナディアンロッキー観光へ。さすがにどこもかしこもまだ雪がたくさん残っている。アイスフィールドパークウェイを走っていると、路肩にミサイルのマークがついた看板を発見。何だろうと思っていたら、人が通っている最中に雪崩が起きると危ないので、人工的に起こす雪崩にミサイルを使うとのこと。しかし命中率が悪い上、不発弾も多いらしい。そして不発弾を見つけた人は電話をくれと看板に書いてあるそうだ。なんて大雑把な国なんだ、カナダ!
 途中お土産やさんで動物のポストカードをたくさん購入。白頭鷲が格好いい。
 途中吹雪いてきて、車が坂の途中で上らなくなってしまった。一度谷まで引き返し、Uターン。が! 大回りしすぎたのか、雪に突っ込んでしまった!! 「あらら」と、思っていたら、後続のトレーラーがすぐに止まってくれ、車を引っ張ってくれた。う〜ん、カナダの人は優しいね。ありがとうマイク!
 雪はますます激しくなってきて、スノーコーチに乗れるかどうかちょっと心配。アイスフィールドセンターに無事到着して昼食。日本人は自分たち6人しかいないようだ。中華風のビュッフェを頂き、しばしお土産物を物色。午前中は動いていなかったスノーコーチも午後からは再開されるという事で一安心。だんだんガスが晴れてきて天気が良くなってきた。1時15分の便に乗って、いざ氷上観光へ!
 スノーコーチは一度に50人くらい乗れる大きなもので、タイヤがものすごくデカイ。車から降りて足下を見ると、すごい青色。サングラスをかけていると氷河の青がとても綺麗に見える。(裸眼だとかなりわかりづらい)自然の不思議さに大感動! この景色は言葉や写真だけでは伝わらないかもしれない。
 自分たちがセンターに戻ってきた直後、またしても吹雪に。ナイスタイミングだったようだ。センター内で「氷河の水」を買った。ここでしか売ってないらしい。
 バンフへ戻る途中、マウンテンシープを見た。あまりにも小さくて、他のみんなは「見える見える」と言うのだが、自分はしばらく見つけられなかった。なんだかウジ虫みたいだった…。

 2時間かけてバンフに到着。阿部さん、どうもありがとう!
 今日のホテルは「リムロックリゾート」。本当はバンフスプリングスに泊まりたかったのだが、あいにく満室で取れなかった。それでこちらにしたのだが、部屋に入ってびっくり!て、天井が高いー! 5mくらいありそう。最上階なせいもあり、景色は抜群。キングサイズのベッドが二つ置いてあるのに部屋は広々で、ソファもふかふか。かなりいい感じ。窓の外は針葉樹林が広がっていて、とてもカナダっぽい。ここにして正解だったな。
 今日は夕食がついていて、ガイドさんが予約してくれた時間にレストランへ行くと、外人さんばかりで東洋人がいなかった。ちょっと心細い。片言英語でドリンクを頼み、コースを頂く。とても美味しかった! 今回の旅行、全体的にホテルはいいし、移動は飛行機だし、ガイドさんも皆いい人だし、この料金で採算が取れるのだろうか?と心配になってしまった。オフシーズンだからなんだろうけど。今度は夏に来てみたいな。
 明日は終日自由行動。朝はゆっくり寝ていよう。おやすみなさい。

<<back next>>